医師・看護師と患者の間にある情報格差について

国民の医療費を削減するためには、何が必要なのでしょうか。
先日の日経新聞に、そんな疑問について語る、ある教授の記事が掲載されていました。
そこで大きな問題として取り上げられていたのは、医師・看護師と患者の間にある情報格差についてです。
要約すると、医師・看護師側は、患者の病状などの詳細な情報を把握していますが、
その一方で、患者側には、医師や看護師について、彼らの経歴や能力などの情報が、あまり入ってこない状況にある、と言うことです。
極端な話、患者には、病院で出会う医師が、医師免許を持っているかどうかすらわからないのです。
現実的な問題としても、医療という仕事は、医師免許さえ持っていれば、診察報酬は基本的に変化しない業種です。資本主義の競争原理が働かない業種なのです。
また、専門職であることから、素人の目からは、その技量が分かりずらいという面もあります。
これは、看護師にも同じことが言えます。
こういった事情のため、患者は、どの医師が優秀なのかどうか、判断することができない状況にあるのです。
医療とは、自分や家族の命を預けることもある重大な問題であるにも関わらず……。
変革の必要な、大きな問題だと思います。

  • 【大注目】前橋市オススメ看護師求人はこのサイト!
  • 郡山市|看護師が本気で好条件の求人をみつける為に
  • 郡山市の看護師求人を効率よく検索!オススメ求人WEB
  • SNSでもご購読できます。