看護士さんなのか誰なのか?

待つように言われたので、病院のベッドで横になって、自分の順番の来るのを待っていました。
しばらくして、女の人が来ました。看護士さんのようにも見えますが、服装が看護士さんとはちょっと違います。その彼女が「着替えなさい」と言いました。
私は、ジーパンにトレーナーというラフな格好だったので、このままでいいだろうと思っていました。お尻からチューブを入れられるときはジーパンを下ろしたらいい、と思い込んでいました。でも、そんなわけはありません。私は緊張していて、きちんと判断できなかったようです。
言われた通りに着替えると、点滴をすることになりました。でも、彼女が失敗したようで、次は普通の看護士さんが来て、点滴をしてくれました。
私は2回も針をさされたわけですが、あまり病院には来ないので、こういうこともあるのかな、と思いました。
彼女は、周りの看護士さんたちと比べると年配のような感じでした。言いたい事もはっきりと言っているような雰囲気で、存在感がある人でした。
そんな人なのに、Tシャツに割烹着のような服装だったのはなぜなのか、不思議です。
検査が終わって家に帰ってからも、気になりました。もしかしたら准看護士さんだったのかもしれませんね。

  • 大津市の看護師求人!職場が変われば人生が変わる!
  • 自分に合った求人を一気調べ!目黒区看護師
  • 【看護師求人探しの悩みを解決してくれる求人サイト@大津市】
  • SNSでもご購読できます。