看護師と患者の関係

看護師の仕事は非常にハードです。一日中立ちっぱなしということもありますし、どんな人間でもミスはしますが、医療現場ではそれが許されないため、精神的にも大変です。そのため、看護師に求められるのは健康です。身体が資本で働いている職業なのです。
しかし、その健康体の看護師が相手をするのは、不健康な患者です。患者は、どこかで辛い思い、痛いこと、苦しい気持ちをわかってもらいたいと思っています。ここで皮肉が生じます。看護師は健康でいなければならないため、患者の気持ちがわからないのです。
語弊があるといけないので追加記述しますが、看護師は患者の気持ちを察したり、わかろうとする心がけはあると思います。しかし、自分自身が病気でないために、もしくは過去になったけれども完治したために、患者の辛さを本当にわかることは不可能なのではと思うのです。
確かに、いちいち患者さんに干渉しすぎていては精神が壊れかねませんし、自分を守らないと仕事ができなくなります。だから、看護師という仕事はどこまで患者の気持ちに入り込むかが難しい職業だと思います。白衣の天使と呼ばれてはいますが、非常に深いところまで考えさせられる、気持ち的にも高度な仕事でしょう。

SNSでもご購読できます。