看護師の人手不足問題について。

看護師の就職・転職は非常に容易だと聞いたことがあります。働く場が多いというのもありますが、常に現場が人手不足であるからなのでしょう。
看護師になる人は毎年一定数いるほか、すでに看護師免許を取った人も多くいるはずです。それでも看護師が不足してしまうのは、看護師免許をとっても看護師として働いていない人、現在何らかの事情で働いていない人、看護師免許を利用して別の職業についている人などが増えてきたからではないでしょうか。
看護師の給与は一般的に高いと言われていますが、残業や深夜勤務などが多い病院がほとんどです。その生活の乱れから体調を崩してしまう人も多いようですね。そして、一般的な基本給はOLよりもやや高いとは言われていますが、残業や夜勤などの手当を引くとほとんど変わらないという場合もあります。
そうした場合、他の職業で資格を活かせる、自分が働かなくても家庭を支える収入があるという事があれば、看護師として働かないという選択も頷けます。そして、たとえ今看護師として働かなくても、資格があれば復帰することも容易だという安心感もあるのでしょう。
このような現状を踏まえて、「積極的に看護師資格を持っているけど現在看護師として働いていない人」の採用を積極的に行う病院もあるようです。そういう病院では、復帰のための研修なども設けているようですね。

SNSでもご購読できます。