老人福祉施設の看護師さんを増やしてほしいです

高齢化社会となり、お年寄りの人口が急激に増えています。
それに伴い、お年寄りが老後を過ごす老人福祉施設も急増しているのです。
老人福祉施設には、お年寄りのお世話をする介護スタッフが多く働いています。
介護スタッフの多くは、無資格者や簡単な資格を持っている人がほとんどです。
看護師の様なしっかりとした資格を有している人は、あまり多くはありません。
しかしお年寄りの立場としては、看護師の様なしっかりとした資格を有した人に、介護してもらった方が安心だと思います。
お年寄りを施設に預けている家族にしても、無資格者よりも有資格者の方に介護をして貰った方が安心できます。
お年寄りと言うのは体調が急変する事が良く有り、そんな時にそばに看護師の様な医療に詳しい人にそばにいてもらった方が安心です。
しかしそうはいっても、中々現実的には難しいと言えます。
そもそも看護師は医療機関でも人手不足が叫ばれていますので、老人福祉施設に割ける人材はとても限られています。
今後ますます老人福祉施設の数が増えるようになれば、この傾向が強まる事は必至です。
ですがお年寄りに安心して老人福祉施設で老後を過ごしてもらうには、看護師は多いに越したことはありません。
看護師を急激に増やす事は難しいかもしれませんが、これからますます高齢化社会は進んでいくのですから、無理でもやるべきではないかと思っています。

SNSでもご購読できます。