考えなければいけない看護師不足の解消

近年少子高齢化が進む中で、医師不足、看護師不足は深刻の一途を辿っております。テレビや雑誌または、メディアなどで深刻な問題として取り上げられるようにもなり、それら情報からご存知の人も多いかと考えますが、詳しく掘り下げた内容となると、それ程多いとは言えないのではないでしょうか。まずここで考えたいのは、何故看護師不足が起きているのか?原因としては何が在るのだろうか?看護師という職業は、決して人気が無い職業ではありません。難しい国家試験を潜り抜け、そして掴み取った数少ない方達が晴れて資格を受け取り看護師に疲れますが、反面、離職してしまう方も付くなくありません。何故でしょうか?ギャップという言葉が考えられます。あまりに憧れすぎた世界が、過酷、疲労、危険など様々なことから大変な仕事へと考えが変換してしまうからではないでしょうか。また看護師特有の離職理由には、結婚、出産なども考えられます。育児と家事に仕事となると両立させるのは至難の業ではないでしょうか。また最近では国家試験自体を受ける方が減少しているのも理由の一つだとされております。このままでは看護師不足は回復するどころか減少の一途を辿るかもしれません。そうならないように早めの一手を考えより良い医療現場にしなければいけません。

SNSでもご購読できます。