私の叔母は看護師です。昨年退職したのです、総合病院で約38年、看護師として働いていました。最後の8年くらいは緩和ケアの師長として、勤務していました。
私の実家から叔母の家は、近くてまた私の高齢のばあちゃんがいたので、頻繁に訪れていました。その時に叔母の話もよく聞いていました。ホントに看護師って大変だなって思います。
先ず、思ったのは、人員不足。よく叔母の話を聞いて、そんなことは叔母がやらずにほかの人に任せたらいいじゃん、だっておばちゃんは師長だよ!って思うことがたくさんありました。でもいつも叔母から出る言葉は、だって人がいないんだもん…この言葉を言われるともう返す言葉がありません。だって叔母がやるしかない状況なんですから。叔母の病院は、決して小さい病院ではありません。約500床くらいある、地元でも有名な病院です。看護師の人材確保にもかなり力を入れていると聞きます。それなのに人員不足。看護師の世界ってホントに厳しいんだろうなと思います。叔母は、看護師は入って来るけれど、定着率は相変わらず悪い。私だって師長業務に専念したいけど、そうも言ってられないと自らが動いて病棟を回しています。定年まで働き続けた叔母を本当に尊敬します。