看護師さん体験談としては、ものすごくベタかも知れませんけれど、テーマは「しがらみ」といったところでしょうか。看護師免許を持っていても、眠らせている(休職している)女性は私も含めて結構たくさんいるものですから。

贅沢を望まなければ、旦那の収入だけで生活をしていけますし。ですから結婚を機に退職をしました。それに旦那が転勤族でしたから辞めざるを得なかったもので。旦那を単身赴任で行かせてまで私が仕事を続ける程に、重要ポジションにいたわけではなかったですし。

しかし、いざヒラ看護師の私でさえ、辞める際には多少の引き止めはありましたけれど。看護師の職場なんて離職率も高いものですし、出入りもなかなか激しいですから、去る者追わず来るもの拒まず的なイメージが外の人からもあるでしょうけれど、やはり1年以上勤めている人はできればそのまま続けて欲しいもののようで。ですから、結構ギリギリまで働いていましたよ。まさに「しがらみ」からですね。

そんなこんなで一度は看護師の仕事を離れたのですが、しかし新しく移った土地でも看護師免許を持っているとわかると「声」はかかるのです。まあ、どこも看護師が不足気味ですからね。そしてもちろん最初は「パートの短時間勤務でもいいから来てー」と軽めの誘いになるのですよ。

ですから「それならば!」と働きに出るじゃないですか。しかし3ヶ月もすればパート看護師とはいえ気楽なところではなくなりますから…。まあありがたいことなのかも知れませんけれど。このご時世で職には困らないということで。しかし軽めに働きたいのならば、やはり総合病院は避けていいのかも知れません。パートで勤めに出たはずなのに、すぐにフルタイム正職員への誘いが猛烈にきたりしますので。